構造・快適性|【公式】サンクレイドル川越|西武新宿線「本川越」駅徒歩5分 東武東上線・JR川越線「川越」駅徒歩12分 新築分譲マンション

住まいの安心を高めた建物構造と充実のサポート。

基礎構造

「サンクレイドル川越」では、地中に15本の現場打ち造成杭を打ち込み、建物を安定させています。
(本体建物のみ)

基礎構造

スラブ厚約200mm&二重床+二重天井

スラブ厚は約200mm(2F床スラブと最上階天井スラブを除く)、居室の天井はスラブの間に空気層のある二重天井、床はフローリング材の二重床構造です。

スラブ厚約200mm&二重床+二重天井

複層ガラスのサッシ

2枚のガラスの間に空気層を設け、断熱効果を発揮する複層ガラスを採用。冷暖房効果を高め、省エネにも役立ちます。
※一部の窓を除く。

複層ガラスのエアタイトサッシ

ダブル配筋を採用

コンクリート内に鉄筋を一列に配置するシングル配筋に対し、鉄筋を二列に配し、建物を支える壁にダブル配筋を採用しています。(一部除く)

ダブル配筋を採用

耐震枠付玄関ドア

万一の地震で枠が変形しても扉の開閉機能が損なわれづらい耐震枠を標準仕様としています。

耐震枠付玄関ドア

断熱材

建物全体に綿密な断熱対策を実施。

断熱材

屋外に面する壁、最下階住戸の床スラブ下、最上階天井スラブ上など、建物全体に断熱対策をしています。最上階天井スラブ上は硬質ウレタンフォーム、最下階住戸床スラブ下にはポリスチレンフォーム、外壁部分の内断熱には、発泡硬質ウレタンフォーム断熱材を採用しています。

断熱効果に配慮した外壁

外壁の厚さは約150mm以上の躯体にタイル(一部吹付)を貼った構造で、プラスターボードの内側に断熱材を入れ断熱効果に配慮しています。

断熱効果に配慮した外壁
設計性能評価
建設住宅性能評価書
住宅性能表示制度による評価の流れ

第三者機関の性能評価。「設計」「建設」2つの住宅性能評価書を取得

「サンクレイドル川越」は「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいた、「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。
本制度は従来わかりづらかった住まいの性能について、国土交通大臣登録の住宅性能評価機関が同じ基準で、等級(数値)をつけるというものです。評価書には、設計図書の段階で評価した結果をまとめた「設計住宅性能評価書」と、施工段階と完成段階の現場での検査を経て評価した結果を記載した「建設住宅性能評価書」の2種類があります。

お借り入れから5年間金利引き下げ

フラット35

【フラット35】をお申し込みのお客様が、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。
※詳しくは係員にお尋ねください。

消費税率の引き上げに対応した「すまいる給付金」制度

自らが居住する住宅の取得に際し、引上げ後の消費税率が適用される方に給付金が支払われる新しい制度です。「サンクレイドル川越」は、その条件としている、第三者機関の指定の検査を受けるなど、住宅の品質や耐震性が確認できることをクリアした「すまい給付金」制度対象物件です。※1

※1 出典:「すまい給付金」公式ホームページ。
詳しくは係員にお尋ねください。

すまい給付金

※掲載の室内写真、設備・仕様写真は棟外モデルルームEタイプ(モデルルームの仕様としてプラン変更したもので、Eタイプ基本プランとは異なります。)を撮影(平成28年9月撮影)したもので、実際とは多少異なる場合があります。設計変更・家具・調度品・オプション等は販売価格に含まれておりません。

資料のご請求はこちら
来場をご希望の方はこちら